芥川龍之介作品

芥川龍之介(1892〜1927) 東京生まれ。東京帝大在学中、同人誌に発表した『鼻』が夏目漱石に絶賛された。卒業後は教職のかたわら最初の短編集『羅生門』を刊行。その後、教職を辞して創作に専念した。『歯車』『河童』等、鋭利な感覚の横溢した多くの短編小説を残した。『続西方の人』脱稿後、薬物で自殺した。

すべての作品を、現代仮名づかい、新漢字に改めて読みやすくしてあります。

「羅生門・鼻」

260円

芥川の短編代表作選集その1。表題作2編のほか、「老年」「芋粥(いもがゆ)」「手巾(ハンケチ)」「煙草と悪魔」「煙管(きせる)」「運」「忠義」の9編を収録。

購入手続き

「戯作三昧」

260円

芥川の短編代表作選集その2。表題作のほか、「偸盗(ちゅうとう)」「或日の大石内蔵助」「首が落ちた話」「世之助の話」「袈裟(けさ)と盛遠(もりとお)」の6編を収録。

購入手続き

「蜘蛛の糸」

260円

芥川の短編代表作選集その3。表題作のほか、「地獄変」「開化の殺人」「奉教人の死」「枯野抄」「きりしとほろ上人伝」の6編を収録。

購入手続き

「杜子春」

260円

芥川の短編代表作選集その4。表題作のほか、「妖婆」「魔術」「蜜柑」「鼠小僧次郎吉」「舞踏会」「南京の基督(きりすと)」の7編を収録。

購入手続き

「或阿呆の一生」

280円

生涯のさまざまな出来事と心情を印象記ふうにつづった芥川晩年の代表作「或阿呆の一生」のほか、同じく晩年の風刺詩といってもよい「河童」「歯車」を収録。

購入手続き

「侏儒の言葉」

280円

生来の警句好きを縦横に活かして、最晩年にまとめたアフォリズムの快作「侏儒の言葉」と、生涯の総決算と目される「西方の人」「続西方の人」を収録。

購入手続き

 


*** 作品一覧へ *** ホームページへ ***