「バスカーヴィル家の犬」

コナン・ドイル作/鈴木幸夫訳

エキスパンドブック 524KB/ドットブック版 204KB/テキストファイル 148KB

400円

雲が暗くたちこめるダートムア。一帯の沼地と伝説の館を舞台に展開する怪奇と謎。身をていした冒険と推理でそれに立ち向かうホームズ。「バスカーヴィルの犬」とはなにものなのか? ホームズもの長編の最高傑作。エキスパンドブックには、秀逸なシドニー・パジェットの16点の挿画を収録。
立ち読みフロア
  ときどき徹夜(てつや)で起きているときはともかくとして、たいてい朝寝坊のシャーロック・ホームズ君が、もう朝食の卓に腰をすえていたのである。私は暖炉まえの絨毯(じゅうたん)の上に立って、昨夜の客が置き忘れていったステッキをとり上げた。それは普通「ペナン・ローヤー」といわれている、ペナン島産の棕櫚(しゅろ)で作った立派な太いステッキで、頭にこぶ状の握りがついていた。握りのすぐ下に、長さ一インチばかりの銀のふとい帯がまいてあって、「王立外科医学会会員ジェイムズ・モーティマー氏へ、C・C・Hの友人たちより」と彫ってあり、一八八四年と年号が入っていた。それは旧式の町医者が往診に持ち歩くのに手ごろな、いかめしい、しっかりと頼もしげな代物(しろもの)だった。
 「どうだい、ワトスン。それ、どう思うね?」
  ホームズは私に背を向けて腰掛けており、私とてもステッキをいじっている気配など見せたわけではなかった。
 「どうして僕のしてることがわかったんだい。まるで頭のうしろに目があるみたいだね」
 「なあに、目の前にピカピカ光った銀メッキのコーヒーポットがあるよ。それより、ねえ、その客のステッキをどう思う? 残念ながらふたりとも会いそこねて、その用向きもわからないから、たまたまこの置土産(おきみやげ)が大事な品になったわけだ。君、ひとつそいつをよく見て、持ち主を判断してみてくれないか」
 「そうだね」私はできるだけ、このわが友のやり方を真似ようとしてみた。
 「このモーティマー博士は年配の、割と《はやってる》医者で、相当尊敬されている。知人たちから十分認められたしるしに、こうしたものをもらってるくらいだからね」
 「うまい! たいしたもんだ!」
 「それから開業してるのが田舎(いなか)らしく、たいへんよく往診して歩きまわるということが考えられるね」
 「どうして?」
 「このステッキをごらんよ。はじめはいいものだったらしいが、こんなに疵(きず)がついてるところから見ると、大きな街の医者の持ち物とは思えないね。この丈夫な石突(いしづ)きの減り加減からしても、しょっちゅうこれを持ち歩いてることははっきりしているよ」
 「完璧だ!」
 「それにまた、この《C・C・Hの友人たち》というのは、何とか猟友会(りょうゆうかい)じゃないかと思うんだ。つまりその土地の会員が、よく診察にまわってもらうお礼に、ちょっとした記念品を贈ったんじゃないかな」
 「ワトスン、まったく見直したよ」ホームズは椅子をうしろへずらして、煙草(たばこ)に火をつけた。「これまでの、僕がやったいささかの仕事に関しては、君の見事な筆の力にまつところが多いが、君はいつも自分の才能を見くびっていたと言いたくなるね。おそらくだね、つまり君自身は光を放たないが、光を導き出す導体なんだよ。世の中には、天才を持たないにしても、天才を刺激する異常な力を備えた人がいるもんだ。正直のところ、僕は君に負うところ多しだ」

購入手続きへ


*** 作品一覧へ *** ホームページへ ***