エキスパンドブック・ファイル


縦書き、ルビ付きで、普通の本のようにページめくりしながら楽に読めるファイルです。指定のページへ飛んでくれたり、途中で中断した場所へはマークがついたり、語句の検索ができたり、さまざまな便利な機能もついています。Windows版とMacintosh版とがあります。

ご注意:エキスパンドブックブラウザはWindowsXPには正式には対応しておりません。これまでのところ不具合はほとんどありませんが、お買い求めになる前に「サンプル作品」でお試しになるようお願い致します。

Windows版エキスパンドブック・ファイル

まず無料の専用ブラウザ(読書ツール)をこちらで入手してインストールしてください。

ご提供するファイルは、末尾が「.exe」と書かれた圧縮ファイルです。以下はお買いになったファイルをダウンロードしたあとの、本を読むまでの詳しい手順です。

ファイルは自己解凍形式で圧縮されています。ダウンロードしたファイルのアイコンをダブルクリックしてください。WinZip Self Extractorの画面になります。

Uuzip To Folder のところにはC:\windows\TEMPと書かれています。これはC:\windows\TEMPという意味で、ファイルを解凍(復元)する場所を示しています。これを変更してたとえばCドライブのbookというフォルダに保存したいときには、ここをC:\bookに変更して下さい。\を押すと自動的に\になります。新しい名前のフォルダは自動的に作られます。C:\windows\TEMPというフォルダにはすでにたくさんのファイルがありますので、C:\ebookとかC:\denshibonなどのお好きな場所に変えて保存すると、後の整理にも便利です。

右上のUnzipボタンを押します。1 file(s) unzipped successfully という表示が出て、OKの窓が出れば終わりです。

あとは解凍した場所に見つかるブルーの本のアイコンをダブルクリックすれば、先にインストールしておいたブラウザが自動的に立ち上がって本の表紙が表示され、キーボードの「←」「→」かマウスを使って読むことができるようになります。このファイルはデスクトップはもちろん、ハードディスクのどこに移しても、同じ操作で読むことができます。

本のファイル名は末尾の.ebkの部分さえ変更しなければ、自由に変えることができます。たとえば「henshin.ebk」は「変身.ebk」にしておけばわかりやすくなります。


Macintosh版エキスパンドブック・ファイル

まず無料の専用ブラウザ(読書ツール)をこちらで入手してインストールしてください。

ご提供するファイルは、末尾が「.sit」と書かれた圧縮ファイルです。以下はお買いになったファイルをダウンロードしたあとの、本を読むまでの詳しい手順です。

ダウンロードしたファイルは、自動的に解凍(復元)されてブルーの本のアイコンになる場合(解凍ソフトのStuffIt Expanderがインターネットブラウザに関連づけされているとき)と、末尾に「.sit」と書かれた圧縮ファイルのアイコンが表示される場合とがあります。

ブルーの本のアイコンになる場合は、インストールしたエキスパンドブックのブラウザのアイコンにこのアイコンを重ねれば、表紙が表示されて読めるようになります。

末尾に「.sit」と書かれた圧縮ファイルのアイコンが表示されるときは、そのアイコンをドラッグしてStuffIt Expanderのアイコンに重ねてください。StuffIt Expander日本語版はこちらのサイトからダウンロード(無料)で手にはいります。

できたブルーの本のアイコンをインストールしたブラウザのアイコンにドラッグして重ねれば、本の表紙が表示されて読めるようになります。

なお、StuffIt Expander のバージョンの違いによって、下記のようなメッセージが表示されることがあります。この場合には、Yesのボタンを押せば解凍できます。日本語表示の場合は、「このファイルは壊れている可能性があります」という趣旨のメッセージが表示されますが、ここでやめないで「続行」を選んでください。

Expander.jpg (13697 バイト)

本のファイル名は自由に変えることができます。たとえば「henshin」は「変身」にしておけばわかりやすくなります。

 

もどる