「平賀源内捕物帳」

久生十蘭/作

ドットブック版 291KB/テキストファイル 170KB

600円

江戸時代にエレキテルを作ったことで有名な平賀源内は、それ以外にも西欧の技術や文化を紹介するなど、幅広い活躍を見せた人物。その源内に探偵役をやらせたのが本書で、シリーズ作のすべて、「萩寺の女」「牡丹亭」「稲妻草紙」「象の腹」「長崎物語」「風見鶏」「三人姉妹」「預り姫」の全8編を収めてある。オランダ渡りの知識や奇想天外の推理や行動を縦横に駆使して、事件の核心に迫る源内先生の痛快無類の捕物帳。

久生十蘭(ひさおじゅうらん 1902〜57)函館生まれ。本名阿部正雄。東京の聖学院中学を中途退学。「函館新聞」で記者生活を送るが、のちに上京して、岸田国士(くにお)に師事し、演劇活動に傾倒。さらに雑誌「新青年」を舞台に執筆活動を展開。52年、「鈴木主水」で直木賞を受賞。他の主な著書に「魔都」「平賀源内捕物帳」「 顎十郎捕物帳」「黄金遁走曲」などがある。

立ち読みフロア
 薄い靄(もや)の中に、応挙風(おうきょふう)の朱盆(しゅぼん)のような旭(あさひ)がのぼり、いかにもお正月らしいのどかな朝ぼらけ。
 出尻伝兵衛(でっちりでんべえ)、またの名を「チャリ敵(がたき)」の伝兵衛ともいう、神田鍋町(なべちょう)の御用聞(ごようきき)。
 正月の十六日は、俗にいう閻魔(えんま)の斎日(さいじつ)。
 商売柄、閻魔参りなどに行く義理はない。
 谷中(やなか)の方にチト急な用があって、この朝がけ、出尻をにょこにょこ動(うご)かしながら、上野山内(さんない)の五重の塔の下までやってくると、どこからともなく、
「……おい、伝兵衛、伝兵衛」
 チャリ敵(がたき)の伝兵衛、大して度胸もない癖に、すぐ向(むか)ッ腹(ぱら)をたてる性質だから、たちまち河豚提灯(ふぐちょうちん)なりに面(つら)を膨(ふく)らし、
「けッ、なにが伝兵衛、伝兵衛だ。大束(おおたば)な呼び方をしやアがって。……馬鹿にするねえ」
 亭々(ていてい)たる並松(なみまつ)の梢(こずえ)に淡雪(あわゆき)の色。
 ぐるりと見廻したが、さっぱりと掃き清められた御山内には、人影らしいものもない。
「な、なんだい。……たしかに、伝兵衛、伝兵衛と聞えたようだったが……テヘ、空耳(そらみみ)か」
 ぶつくさ言いながら歩き出そうとすると、また、どこからともなく、
「伝兵衛、伝兵衛……」
 あわてて見廻す。やはり、誰(だれ)もいない。
 伝兵衛、タジタジとなって、
「おい、止(よ)そうよ。どうしたというんだい、こりゃア……」
 麻布の豆狸(まめだぬき)というのはあるが、御山内にももんじいが出るという話はまだ聞かない。それにしても朝の五ツ半(九時)、変化(へんげ)の狸のという時刻じゃない。
「嫌だねえ」
 ゾクッとして、まとまりのつかない顔で立ち竦(すく)んでいると、
「おい、伝兵衛、ここだ、ここだ」
 その声は、どうやら、はるか虚空の方から響いて来るようである。
「うへえ」
 五、六歩後へ退って、小手をかざして塔の上の方を見上(みあげ)るならば、五重塔の素(す)ッ天辺(てっぺん)、緑青(ろくしょう)のふいた相輪(そうりん)の根元に、青色の角袖(かくそで)の半合羽を着た儒者の質流れのような人物が、左の腕を九輪(くりん)に絡みつけ、右手には大きな筒眼鏡を持って、閑興清遊(かんきょうせいゆう)の趣(おもむき)でのんびりとあちらこちらの景色を眺めてござる。
 総髪(そうはつ)の先を切った妙な茶筅髪(ちゃせんがみ)。
 でっくりと小肥りで、ひどく癖のある怒り肩の塩梅(あんばい)。見違えようたって見違えるはずはない、鍋町と背中合せ、神田白壁町(しらかべちょう)の裏長屋に住んでいる一風変った本草(ほんぞう)、究理(きゅうり)の大博士。当節、江戸市中でその名を知らぬものはない、鳩渓(きゅうけい)、平賀源内先生。
「医書、儒書会読講釈」の看板を掛け、この方の弟子だけでも凡(およ)そ二百人。諸家(しょけ)の出入やら究理機械の発明、薬草の採集に火浣布(かかんぷ)の製造、と寸暇もない。
 秩父(ちちぶ)の御囲(おかこ)い鉱山(やま)から掘り出した爐甘石(ろかんせき)という亜鉛の鉱石、これが荒川の便船で間もなく江戸へ着く。また長崎から取り寄せた伽羅(きゃら)で櫛を梳(す)かせ、その梁(みね)に銀の覆輪(ふくりん)をかけて「源内櫛(げんないぐし)」という名で売出したのが大当りに当って、上(かみ)は田沼様の奥向(おくむき)から下(しも)は水茶屋の女にいたるまで、これでなければ櫛でないというべら棒な流行(はや)りかた。
 物産学の泰斗(たいと)で和蘭陀(オランダ)語はぺらぺら。日本で最初の電気機械、「発電箱(エレキテル・セレステ)」を模作するかと思うと、廻転蚊取器(マワストカートル)なんていう恍(とぼ)けたものも発明する。
「物類品隲(ぶつるいひんしつ)」というむずかしい博物の本を著わす一方、「放屁論(ほうひろん)」などという飛んでもない戯文(げぶん)も書く。洒落本やら草紙やら、それでも足りずに浄瑠璃本まで手をつける。
 例の頓兵衛が出て来る「神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)」は、豊竹新太夫座元で堺町の外記座(げきざ)にかかり、ちょうど今日が初日で、沸き返るような前景気。まず、ざっとこんなあんばい。
 才気縦横、多技多能……、四通(つう)八達(たつ)とでも言いましょうか、江戸始まって以来の奇才と評判される多忙多端(たたん)の源内先生が、明和七年正月十六日の朝ぼらけ、ところもあろうに五重塔の天辺で悠々閑々と筒眼鏡で景色などを眺めてござるなどはちと受取れぬ話。
 尤も、ちょっとひとの考えつかぬような図外れたことばかり思いつかれる先生のことだから、迂濶に景色を眺めているというのではあるまい、何かそれ相当の変った方寸(ほうすん)があられるのだとも察しられるのである。
 呆気にとられ、あんぐり開いた伝兵衛の口に、春の風。
 あふッ、と息を嚥(の)んで、
「先生、……平賀先生、あなたはまア、そんなところで一体何をしていらっしゃるんです」
 先生が湯島天神(ゆしまてんじん)から白壁町へ引っ越して以来の馴染なので、伝兵衛は遠慮のない口をきく。先生の方では下らん奴だと思っていられるかして、どんなことを言っても怒ったような顔もしない。
 これでよく御用聞がつとまると思うほど、尻抜けで、気が弱くて、愚図で、とるところもないような男だが、芯は、極(ご)く人(ひと)がよく、何でもかんでも引受けては、年中難儀ばかりしている。
 寝惚(ねぼけ)先生こと、太田蜀山人(おおたしょくさんじん)のところへ出入して、下手な狂句なども作る。恍けたところがあって、多少の可愛気はある男。
 伝兵衛が背伸びをしながら、金唐声(きんからごえ)でそう叫び掛けたが、先生は遠眼鏡の筒先を廻しながら、閑々(かん巻)と右眄左顧(うべんさこ)していられる。
 伝兵衛は、業(ごう)を煮やして、
「実際、あなたの暢気(のんき)にも呆れてしまう。いくらなんだって、正月の十六日に五重塔のてっぺんで、アッケラカンと筒眼鏡などを使っているひとがありますか。そんなところでいつ迄もマゴマゴしていると、鳶(とんび)に眼のくり玉を突ッつかれますぜ。……ねえ、先生、いったい何を見物しているんですってば。……じれってえな、返事ぐらいしてくれたっていいじゃありませんか」
 のんびりした声が、虚空から響いて来る。
「わしはいま和蘭陀(オランダ)の方を眺めておるのだて」
「うへえ、そこへ上ると和蘭陀が見えますか」
「ああ、よく見えるな」
「和蘭陀のどういうところが見えます」
「港に沢山(たくさん)船がもやっているところを見ると、どうやら《へーぐ》というところらしいな」
「こいつア驚いた。……するてえと、なんですか、向うもやっぱし正月なんで」
「日柄には変りない。ただし、向うはいま日の暮れ方だ」
「おやおや、妙だねえ。どんなお天気工合です」
「大分(ヒール)に雪(スネエウ)が降っているな」
「蒸籠(せいろ)に脛(すね)が出たたア、何のことですか」
「いや、たんと雪が降っておるというのだ。……おお、美人が一人浜を歩いている」
「えッ、美人が出て来ましたか。いったい、どんなようすをしています」
「高髷(たかまげ)を結(ゆ)って、岡持(おかもち)を下げている」
「和蘭陀にも岡持なんかあるんですか」
「それもそうだな。……これは、チト怪しくなって来た。おやおや、高下駄を穿(は)いて駈け出して行く。おい、伝兵衛、和蘭陀だと思ったら、どうやら、これは洲崎(すさき)あたりの景色らしいな」
「じょ、じょ、冗談じゃない、ひとが真面目になって聞いているのに。……そんな悠長な話をしている場合じゃないんです。……大きな声では言えませんが、実は、今日の朝方、またあったんです」
「またあったというと、……例の口か」
「ええ、そうなんです」
「すると、これで三人目か。チト油断のならぬことになって来たな」
「他人(ひと)のことみたいに言っちゃいけません。あなただって関係(かかりあ)いのあることなんです。ともかく、降りて来てください」
「なんだか知らないが、そういうわけならば、今そこへ行く」
 飄逸洒脱(ひょういつしゃだつ)の鳩渓先生、抜け上った額に春の陽を受けながら、相輪に結びつけたかかり綱伝い、後退(うしろさが)りにそろそろと降りて来られる。

……「萩寺の女」冒頭より


購入手続きへ


*** タイトル一覧へ *** ホームページへ ***