「グリム童話(下)」

グリム兄弟編・塚越敏訳

エキスパンドブック 302KB/ドットブック版 99KB/テキストファイル 86KB

500円

グリム兄弟が集めたドイツ童話。この巻には「ブレーメンの音楽隊」「白雪姫」「金の鳥」「命の水」など16編を収める。エキスパンドブックは、素朴なヨーゼフ・シャールの挿画入り。

収録作品

ブレーメンの音楽隊
三つの言葉
奥さま狐のご婚礼
ズルタンじいさん
六羽の白鳥
いばら姫
白雪姫
金の鳥
金のがちょう
ヨリンデとヨリンゲル
命の水
鉄のハンス
雪白とばら紅
泉のそばのがちょう番
池にすむ水の精
マレーン姫

立ち読みフロア
 ある男が、ろばを一匹飼(か)っていました。ろばは、もうなん年もなん年も、根気よく粉ぶくろを水車小屋に運んでいたのです。ところが、さすがにもう力もつきてしまって、仕事の役にも立たなくなりました。
 そこで主人は、もう餌(えさ)をやるのはよそう、と考えました。ところが、ろばのほうも、風向きの悪くなったことに気づいて、そこから逃げ出し、ブレーメンに向かっていきました。あそこにいったら、町の音楽師になれるかもしれない、と思ったからです。
 しばらくいくと、猟犬(りょうけん)が一匹、往来に寝ていました。猟犬は、走りまわってへとへとに疲れたようすで、口をあけて、はあはあいっていました。そこで、ろばはたずねました。
 「パックリくん、どうしたの、そんなにはあはあいってさ?」
 「ああ、わしも、年をとってしまってな、からだも日ましにきかなくなるばかり。それに、猟にいっても、もう駆(か)け出すわけにもいかず、それでわしの主人ときたら、わしをぶち殺そうとしたのさ。そんなわけで、わしは逃げ出してきたんだ。だけどね、このさき、いったいどうやって食べいったらいいものやら?」
 すると、ろばが言いました。
 「ねえ、どんなもんだろうね。ぼくはブレーメンにいって、あそこで音楽師になるんだ。ぼくといっしょにいって、きみも楽隊に入れてもらいなさいよ。ぼくは弦楽器(リュート)をひくから、きみは太鼓をたたくんだな」
 それには犬も満足して、二匹そろって歩いていきました。
 しばらくいくと、猫が道ばたにすわりこんで、長雨つづきのような陰気な顔をしていました。
 「ひげそうじのお年寄り、面白くないことでもあったのかね?」
 と、ろばが話しかけると、
 「生命(いのち)にかかわる一大事(いちだいじ)だというのに、誰が愉快にしていられるかね。年もとってさ、歯ももうだめになっちまうしね。もうねずみを追いかけまわすより、ストーブのうしろにうずくまって、ごろごろのどを鳴らしているほうがいいのさ。だから、おかみさんときたらおれを水のなかにつけて、おぼれさせようとしたもんだ。やっとこ逃げてきたものの、さてどうしたらいいものか、途方にくれているわけさ。いったいどこにいったらいいものかね?」と、猫が言いました。
 「ぼくらといっしょに、ブレーメンにいこうよ。きみはセレナーデが得意じゃないか。だから町の音楽師になれるぜ、きみは」
 ろばがそう言うと、猫もそれはいいことだと思って、いっしょについていきました。

 こうして、この三匹の逃亡組(とうぼうぐみ)が、一軒の農家のそばを通っていくと、今度は、おんどりが一羽、門の上にとまって、声をかぎりに叫んでいました。
 「きみの鳴き声は、骨身(ほねみ)にしみるぜ。いったいどうしたのだね?」
 と、ろばがたずねると、おんどりは、こう答えるのでした。
 「聖母マリアが、洗濯した幼児(おさなご)キリストの肌着を干(ほ)す日というから、お天気はいいよ、と予言してやっているのにさ。明日の日曜にはお客がくるとかで、おかみときたら、情(なさ)け容赦もあるもんか、このおれをスープに入れて食べたいと、料理女(りょうりばん)に言ってるんだよ。今晩じゅうに、おれの首ははねられるというわけさ。それでだ、まだできるうちはと、声をふりしぼって叫んでいるというわけさ」
 「おやおや、なんちゅうこったい。赤あたまくん。ぼくたちといっしょにずらかって、ブレーメンにいこうよ。死ぬくらいなら、もっとましなことが、どこにいったって見つかるものさ。きみは、いい声をしているし、ぼくたちといっしょに歌ったら、さぞかしすばらしいことだろう」

 おんどりも、この申し出にしたがって、四匹そろって出かけていきました。

……《ブレーメンの音楽隊》より


購入手続きへ


*** 作品一覧へ *** ホームページへ ***