「半七捕物帳(1)」

岡本綺堂作

ドットブック版 134KB/テキストファイル 104KB

300円

岡本綺堂は半七老人のことを「彼は江戸時代に於ける隠れたシャアロック・ホームズであった」と書いたが、この「半七捕物帳」は日本の探偵小説、時代推理小説の正真正銘のルーツである。この電子ブックシリーズでは、全68作品を各巻5編くらいずつ、読みやすい形にして提供の予定。全14巻。

本巻収録作品

◆お文の魂
◆石燈籠
◆勘平(かんぺえ)の死
◆湯屋の二階
◆お化け師匠
◆半鐘(はんしょう)の怪

岡本綺堂(1872〜1939) 劇作家としては、「修善寺物語」「番町皿屋敷」など、旧来の歌舞伎に近代的な感覚を盛り込んで、新歌舞伎運動を推進したことで知られる。だが、多くのエッセイのほか、ここに取り上げた「半七捕物帳」で、作家としても人気を博した。

立ち読みフロア

お文の魂



 わたしの叔父は江戸の末期に生まれたので、その時代に最も多く行なわれた化け物屋敷の不入(いらず)の間や、嫉(ねた)み深い女の生霊(いきりょう)や、執念深い男の死霊や、そうしたたぐいの陰惨な幽怪な伝説をたくさんに知っていた。しかも叔父は「武士たるものが妖怪(ようかい)などを信ずべきものでない」という武士的教育の感化から、一切これを否認しようと努めていたらしい。その気風は明治以後になっても失(う)せなかった。わたし達が子供のときに何か取り留めのない化け物話などを始めると、叔父はいつでも苦(にが)い顔をして碌々(ろくろく)相手にもなってくれなかった。
 その叔父がただ一度こんなことを云(い)った。
「しかし世の中には解(わか)らないことがある。あのおふみの一件なぞは……」
 おふみの一件が何であるかは誰も知らなかった。叔父も自己の主張を裏切るような、この不可解の事実を発表するのが如何にも残念であったらしく、その以上には何も秘密を洩(も)らさなかった。父に訊(き)いても話してくれなかった。併しその事件の蔭にはKのおじさんが潜んでいるらしいことは、叔父の口ぶりに因(よ)ってほぼ想像されたので、わたしの稚(おさな)い好奇心はとうとう私を促(うなが)してKのおじさんのところへ奔(はし)らせた。わたしはその時まだ十二であった。Kのおじさんは、肉縁の叔父ではない。父が明治以前から交際しているので、わたしは稚い時からこの人をおじさんと呼び慣(なら)わしていたのである。
 わたしの質問に対して、Kのおじさんも満足な返答をあたえてくれなかった。
「まあ、そんなことはどうでもいい。つまらない化け物の話なんぞすると、お父さんや叔父さんに叱られる」
 ふだんから話し好きのおじさんも、この問題については堅く口を結んでいるので、わたしも押し返して詮索(せんさく)する手がかりが無かった。学校で毎日のように物理学や数学をどしどし詰め込まれるのに忙がしい私の頭からは、おふみという女の名も次第に煙りのように消えてしまった。それから二年ほど経(た)って、なんでも十一月の末であったと記憶している。わたしが学校から帰る頃から寒い雨がそぼそぼと降り出して、日が暮れる頃には可なり強い降りになった。Kのおばさんは近所の人に誘われて、きょうは午前(ひるまえ)から新富座見物に出かけた筈(はず)である。
「わたしは留守番だから、あしたの晩は遊びにおいでよ」と前の日にKのおじさんが云った。わたしはその約束を守って、夕飯を済ますとすぐにKのおじさんをたずねた。Kの家はわたしの家から直径にして四町ほどしか距(はな)れていなかったが、場所は番町で、その頃には江戸時代の形見という武家屋敷の古い建物がまだ取払われずに残っていて、晴れた日にも何だか陰(かげ)ったような薄暗い町の影を作っていた。雨のゆうぐれは殊にわびしかった。Kのおじさんも或(あ)る大名屋敷の門内に住んでいたが、おそらくその昔は家老とか用人とかいう身分の人の住居であったろう。ともかくも一軒建てになっていて、小さい庭には粗(あら)い竹垣が結いまわしてあった。
 Kのおじさんは役所から帰って、もう夕飯をしまって、湯から帰っていた。おじさんは私を相手にして、ランプの前で一時間ほども他愛もない話などをしていた。時々に雨戸をなでる庭の八つ手の大きい葉に、雨音がぴしゃぴしゃときこえるのも、外の暗さを想わせるような夜であった。柱にかけてある時計が七時を打つと、おじさんはふと話をやめて外の雨に耳を傾けた。
「だいぶ降って来たな」
「おばさんは帰りに困るでしょう」
「なに、人力車(くるま)を迎いにやったからいい」
 こう云っておじさんは又黙って茶を喫(の)んでいたが、やがて少しまじめになった。
「おい、いつかお前が訊いたおふみの話を今夜聞かしてやろうか。化け物の話はこういう晩がいいもんだ。しかしお前は臆病だからなあ」
 実際わたしは臆病であった。それでも怖(こわ)い物見たさ聞きたさに、いつも小さいからだを固くして一生懸命に怪談を聞くのが好きであった。殊に年来の疑問になっているおふみの一件を測(はか)らずもおじさんの方から切り出したので、わたしは思わず眼をかがやかした。明るいランプの下ならどんな怪談でも怖くないというふうに、わざと肩をそびやかしておじさんの顔をきっとみあげると、しいて勇気をよそおうような私の子供らしい態度が、おじさんの眼にはおかしく見えたらしい。彼はしばらく黙ってにやにや笑っていた。

……冒頭より


購入手続きへ


*** 作品一覧へ *** ホームページへ ***