「日本の民話(近畿・中国地方編)」
 

藤澤衞彦著

ドットブック版 265KB/テキストファイル 129KB

600円

近畿地方と中国地方に伝わる代表的な昔ばなし57編を収録。京都20編、大阪7編、奈良9編、兵庫4編、岡山3編、広島4編、山口1編、島根8編、鳥取1編からなります。

藤澤衞彦(ふじさわもりひこ)(1885〜1967)東京生まれ。明治大学教授。風俗史・民俗学・伝説学・児童文学など、幅広い分野で研究に従事した。日本風俗史学会、日本アンデルセン協会、日本児童文学者協会など多くの学会・協会の設立、育成を手がけ、児童文化図書館長、日本伝説学会会長などを歴任した。主な著書に『日本伝説研究』『日本民謡・童謡研究』などがある。

立ち読みフロア
樹狼問答(じゅろうもんどう)

 ピーヒャラ、ヒャーラ、ララララ。

 野をこめて、なんとも美しい笛の音(ね)がただよいますと、そこら一面の野の木や草、その笛の音のする方に葉をなびかせました。萩(はぎ)も桔梗(ききょう)も、吾亦紅(われもこう)も、野菊(のぎく)も、女郎花(おみなえし)も、ふしぎに花の顔を向け直して、じっと、笛の音に聞き入るようすでございました。

 ピーヒャラ、ヒャーラ、ララララ。

 とろけ込むような微妙な音楽、それがだんだんに近づきますと、今まで花にたわむれていた蝶(ちょう)も、蜜を求めていた蜂(はち)も、たちまち、じっと耳をすまして、うっとりになって、思わず秋草の花の上から、すべり落ちるのもありました。
「ピーイ、ピーイ、それ笛の名人が来た」
「チーチク、チーチク、早く行って、美しい音楽を聞こう」
 空飛ぶ鳥も、いいかわして、笛の音のする方さして急ぎました。
「実際、なんという古今の名人であろう」
「ほんとに私たちは、それで、どんなに慰められるか、わかりませんわ」
 秋草の野を走る二匹のシカも、はるばる笛の音に引きつけられて、音楽の方へと駆(か)けるのでした。

 ピーヒャラ、ヒャラ、ララララ。

 笛の名手は、そんな事を知ってか知らずか、野のはての一筋道を、山辺(やまべ)の方に吹きすましてゆくのでありました。たくさんの鳥やけものが、その笛の音の後についてゆきます。
 こうして、その姿が山かげにかくれますと、今までなびいていた野の秋草はいっせいに姿勢(しせい)を変えて、やがて吹きだした風のまにまに、自然のなびき方にかえるのでした。蝶や蜂も、ほっとわれにかえって、あらためて野の花の露を吸いました。
 夕方、笛の名人は、自分の住まいしている鞍馬寺(くらまでら)の方に帰ってゆきましたが、まだ聞きほれていた鳥やけものは、ねぐらに帰ることも忘れて、彼につき従ってゆくのでありました。

 ピータリタ、ピータリタ、ララ、ヒータリタ、タタ、リリ。

 一心になお、名人が笛の音を続けますと、その調子につれて、野のけものや鳥は、つい浮かれ出して、おもしろおかしく踊り出すのもありました。
 それで、笛の名人は、はじめて驚いて、ふっとその笛を吹きやめてしまいました。
 はっとわれにかえりました鳥やけものも、いつの間にか、日がとっぷり暮れているのにびっくりし、鳥はただもう慌(あわ)てふためき、けものらは残り惜しそうに、めいめいのねぐらや棲家(すみか)を指して、飛び駆って行くのでございました。
「いつのまにか、また、つけられていたと見える。自分の笛は、よっぽど鳥やけものに好かれると見える。はは、どれ、もう一曲、この樹の下でこころみたら帰ることとしよう」
 笛の名人は、ひとりごとをいって吹き始めました。そのうちに、月がのぼって、この樹の間から見えました。名人は、りゅうりょうと吹きすまして、思わず夜をふかしました。
 ひとしきり、その笛の音は、山や谷をとおして響きました。ようやく一曲を奏し終って、笛をおさめようとしますと、突然、
「もう一曲たのむ」
 と、いうものがあります。なんの気なしに、それで、また一曲吹き終りますと、
「もう一曲所望(しょもう)だ」
 と、また誰かいうので、いったい誰だろうと、ふと声のする方を見ますと、そこに首が狼(おおかみ)で身体は人間の、人狼(じんろう)という怪物(かいぶつ)が、みょうな着物を着てきいておりますので、名人は驚きましたが、やがて、心を落ちつけて望みにまかせて、調子をかえた秘曲(ひきょく)を吹き出しました。ちょうど、楽(がく)の妙所(みょうしょ)になった時、人狼は聞き入って目をつぶりましたので、そのすきに名人は、笛を吹きながら、かたわらの大木に登って行って、枝や葉の深いところに身をかくしました。笛の音がやんだので、人狼が眼を開きますと、伶人(れいじん)の姿が見えないので、あたりを探し出しました。
 時は、ちょうど真夜中で、落月が樹の上を照らし出しましたので、名人の影が、地上にうつし出きれました。それで、人狼は、うすわらいして
「伶人はそこにおらるるか、では、自分もそこへ行って聞こう」
 と、今にも樹に登ろうとしました。ところが、その時とつぜん、空中高く声がして、
「ちくしょう、無礼いたすな、これは天下に名高い楽官藤原兼秋卿(がくかんふじわらかねあききょう)でおわすぞ」
 というものがありました。
 人狼は、その声に驚かされて、恐れふるえながら立ち去りました。
 楽官藤原兼秋卿は、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)の御代(みよ)の楽官で、古今きっての笛の名人だといわれております。


……京都の民話より


購入手続きへ


*** 作品一覧へ *** ホームページへ ***