「タルチュフ」

モリエール/井村順一訳

ドットブック版 94KB/テキストファイル 52KB

400円

宗教を食い物にする偽善者タルチュフにすっかり篭絡され、イカレてしまったオルゴンは、極度の思い込みから自己中心主義のとりこになって、一家の全員を苦しめるが…コメディ・フランセーズですでに三千回以上の上演回数をほこるモリエール屈指の力作。別名「ぺてん師」

モリエール(1622〜73)フランスの劇作家・俳優。パリ生まれ。オルレアン大学で法学士になるが、劇団を結成して俳優の道をえらぶ。破産して投獄され、その後十年あまりは旅回り役者。58年パリにもどってルイ14世の御前公演で大成功、以後数々の名作喜劇・笑劇を書き、フランス古典劇の完成者のひとりとなった。代表作「才女きどり」「タルチュフ」「ドン・ジュアン」「人間ぎらい」「守銭奴」「町人貴族」「女学者」など。

立ち読みフロア
[ペルネル夫人、その女中フリポット、エルミール、マリアーヌ、ドリーヌ、ダミス、クレアント]

【ペルネル夫人】 さあ、フリポット、行こう、こんな連中はもうまっぴら。
【エルミール】 追いつくのがやっとですわ、そんなにずんずんと……。
【ペルネル夫人】 構わないでおくれったら、おまえさん、ずっとついてくるにゃ及びません。紋切り型はご免なんだから。
【エルミール】 礼儀は礼儀ですわ。でも、お義母(かあ)さま、どうしてそう、足もとから鳥が立つように……?
【ペルネル夫人】 このうちじゃ何をしでかすやら、見られたもんじゃありません。あたしの気持なんかそっちのけなんだ。こうやって出てくんだが、あたしゃたいそう不満なんだよ。こっちが教えてやろうとすりゃ、いちいちなんのかのと文句を返す。人を敬うってことを知らず、皆が勝手にわめき散らす。乞食の王様の御殿〔皆がいっぺんに発言して収拾のつかぬ集まり、をいう〕とはこのこったよ。
【ドリーヌ】 ですけど……
【ペルネル夫人】 おまえはね、お女中さん、少し口が過ぎやしないか? いちいちくちばしをつっこんで意見を言うんだから、厚かましいにもほどがある。
【ダミス】 だって……
【ペルネル夫人】 おまえはね、息子さん、正真正銘の《まぬけ》。あたしがそう言うんですよ、おまえのお祖母(ばあ)さんがね。おまえの父親、あたしのせがれに、もう百遍も言って聞かせた、あの子はどう見てもやくざな息子、行くさきざきは親不孝ばかりかけるだろうってね。
【マリアーヌ】 わたくしは……
【ペルネル夫人】 こんどは妹さん、あんたは猫っかぶりで、虫も殺さぬような顔をして、そのおしとやかな様子ったらないよ。だが、淀んだ水は濁った水と言ってね、かげでいやなことをしくさってるに違いあるまい。
【エルミール】 でも、お義母(かあ)さま……
【ペルネル夫人】 お嫁さんや、ひと言いわせてもらや、あんたのやりようは、まるでなってない。ほんとうならこの子たちに手本を示さなきゃならない、死んだ嫁のほうはそりゃよくやったもんさ。おまえさんは金づかいがあらい。その暮らしぶりが気に入らないよ。 それ、お姫さまじゃあるまいに、めかしこんだその格好、ご亭主だけに好かれようと思う女なら、おまえさん、なにもそんなに着飾ることはないはずだよ。
【クレアント】 しかし、結局のところ……
【ペルネル夫人】 嫁のお兄さん、あなたはひとかどの人物、崇(あが)めたてまつってますよ。けどね、もしあたしがうちの息子、(エルミールを指して)このひとのつれあいだったら、出入りはご免こうむりたいところだね。やれ、人生いかに生くべきのなんのと、それもまともな人が聞いたらあきれるようなお説教をのべつ幕なし。あけすけにしゃべりすぎるかも知れないが、こりゃあたしの性分でね、お腹(なか)んなかにあることは洗いざらい言ってのけたいんだよ。
【ダミス】 ごひいきのタルチュフさんは、さぞしあわせに……
【ペルネル夫人】 あのかたはりっぱなかた、おっしゃることをよく聞きなさい。そのおかたにおまえみたいなトンチキが言いがかりをつけるんだから! あたしゃもう我慢ならない、むしゃくしゃしますよ。
【ダミス】 なんですって? 我慢できないのはこっちですよ。あの小うるさい偽善者め、このうちにあがりこんでまるでお殿様だ。あの先生のお許しを得ないことには、遊びも楽しみもいっさいまかりならんとくるんだから。
【ドリーヌ】 おっしゃることをいちいちごもっともで聞いてたら、なにも出来やしません、みんな罪になっちまうんですからね。なにからなにまでご監督、まあそのやかましいことといったら……
【ペルネル夫人】 監督してくださるから監督がゆきとどく。あのかたは、おまえたちを天国に導いてやろうというおつもりなんだよ。せがれのつとめは、みんながあの方をお慕いするように仕向けること。
【ダミス】 いやですよ、お祖母(ばあ)さん、父親の言いつけだろうとなんだろうと、あいつをだいじにするなんてまっぴらだ。嘘はいやだからはっきり申しますが、一挙一動、いちいちかんにさわる。いずれひともんちゃく起こしてやる。相手があんなやつだ、派手にやらかすことになりそうですね。
【ドリーヌ】 そうですとも。見ず知らずの男がズカズカあがりこんでいい気になっているんだから、こんなに外聞(がいぶん)のわるいことってありません。はだしのまんま、二束三文のボロをまとってやってきた乞食が、身のほどを忘れるもいいところ、今じゃいちいち小言を並べ、すっかり主人風を吹かせているんですからね。
【ペルネル夫人】 これ、なんということを! 万事あのかたのありがたいお言葉どおりになればいい、しあわせになれるってことです。
【ドリーヌ】 ご隠居さまは聖人みたいに思ってらっしゃいますが、とんでもない、どこから見ても偽善のかたまりですわ。
【ペルネル夫人】 口をお慎み!
【ドリーヌ】 あのひとにしろ、お供のロランにしろ、よほどたしかな保証人でもないかぎり、信用できませんわ。
【ペルネル夫人】 召使いがどんな男かは知らないが、ご主人のほうはそりゃりっぱなかた、このあたしが保証します。おまえたちが恨(うら)んだり嫌ったりするのは、あのかたがズバリ本当のところをおっしゃるからだろう。罪をまのあたりにしたらご立腹だろうよ、あのかたは。神さまの思(おぼ)し召(め)しにかなう行いをなすってるんだから。

……第一幕 第一景より

購入手続きへ


*** 作品一覧へ *** ホームページへ ***