「アンクル・トムズ・ケビン(上下)」旧版

H・B・ストウ作/山屋三郎・大久保博訳

エキスパンドブック 943KB/ドットブック 279KB/テキストファイル 244KB

各800円

トムはケンタキーの温厚な農場主に雇われていた忠実な黒人奴隷だったが、事業に失敗した主人によって、小間使いイライザの息子ハリーとともに奴隷商人に売り渡される。トムの苦難はここから始まる。トムは ニュー・オーリアンズの富豪セント・クレアの一人娘エヴァが河に落ちたのを救った縁で、同家に買い取られる。だが、比較的落ち着いた暮らしも、エヴァの死、つづく主人の急死によって一転する。トムは飲んだくれで残忍なミシシッピの農場主 レグリーに買い取られていく。その果てに待っていたものは……19世紀アメリカが生んだ代表的な社会小説であり、黒人奴隷のさまざまな姿を鮮烈に描いた秀作として呼び声たかい長編小説。 エキスパンドブック版には多数の原書イラストを収めてある。

H・B・ストウ(1811〜96)アメリカ、コネチカット州生まれ。牧師の娘。本名ハリエット・ビーチャー・ストウ。オハイオ州シンシナチに移住後、南部の黒人奴隷の暮らしを見て、52年「アンクル・トムズ・ケビン」を発表。一躍話題作、ベストセラーになり、各国語に翻訳された。彼女はニューヨークの新聞や雑誌を舞台に社会性のある小説・エッセイを発表し続けて、生涯を奴隷解放運動のために働いた。

立ち読みフロア
 二月のある肌(はだ)寒い日の午後おそく、ケンタッキー州、P――町の、ある屋敷のよく調度のととのった食堂で、二人の紳士が酒をのみながら二人だけですわっていた。その場には召使いもおかず、二人だけが、互いに椅子(いす)を寄せあって、何事かひどく熱心に話しあっている様子であった。
 便宜上、いま、二人の紳士と言ったが、その中の一人は、よく見ると、厳密には、紳士という名で呼ぶにはふさわしくないもののようであった。背が低く、ずんぐりした男で、下卑(げび)た俗っぽい顔つきをしているうえに、人を押しのけて出世しようとする卑しい人間によく見られる、あのいやにもったいぶった横柄(おうへい)なところがあった。服装もひどく飾りすぎていて、色とりどりの、いやにぴかぴかするチョッキを着込み、黄色い水玉模様がはでに入った青いネッカチーフをして、それをこれ見よがしのネクタイであしらった様子は、いかにもこの男の人柄に似あっていた。大きながさがさした両の手は、むやみと指輪をはめて飾り、太い時計の金鎖(きんぐさり)には、驚くほど大きなそしてさまざまな色の印形(いんぎょう)の束がくっついていたが、――話に熱中してくると、彼はそれを振りまわしたり、またいかにも満足そうにじゃらじゃら鳴らしたりする癖があった。彼の口にする言葉は、マリィの文法書(リンドリィ・マリィの「英文法」。当時非常な権威をもっていた)などは頭から無視していて、神を汚すような言葉を適当な所にさしはさんでは、自分の言葉を飾(かざ)るのであるが、それは作者がどんなに写実的に描写したくても、そのままここに書き表わすことはできないほどのものであった。
 相手のシェルビィ氏は、いかにも紳士といった様子である。それに家の調度のととのい具合や全体としてよく手入れのゆきとどいている様子からして、安楽なというより、むしろ富裕なとさえいえる暮らしを感じさせた。前述したように、二人はいま熱心に話を交わしているところである。
「私はそういうふうに話を決めてもらいたいのだがね」とシェルビィ氏が言った。
「いやぁ、それじゃ商売になりませんて――絶対にだめだね、シェルビィさん」と言いながら、相手は酒のグラスを手にとって明りにすかして見た。
「だが、実際のところ、ヘイリィ君、トムは珍しい男だよ。どこへ出したって、それだけの値打ちは確かにあるんだ、――しっかりしていて、正直で、腕があって、私の農場を全部、まるで時計のようにきちんと管理してくれているのだからね」
「そりゃ、黒ん坊流には正直かもしれませんがね」と言って、ヘイリィはブランデーをのんだ。
「いや、ほんとうだ。トムは善良で、しっかりしていて、よく気のきく、信心深い男だ。四年前にある野外祈祷会(キャンプ・ミーティング)(野外またはテント内で行なわれる宗教的集会で、通例、数日間にわたる)で発心(ほっしん)したのだが、彼はほんとうの信者になったと私は確信している。その時以来、私は金のことも、家のことも、馬のことも、――いっさいを彼に任せきっているし、この土地のどこへ行き来するにも彼の好きなようにさせているのだが、万事につけていつも忠実で正直なことに間違いないね」
「人によっちゃ、黒ん坊の信心だなんてまるで信用しねえ者もおりやすがね、シェルビィさん」と無遠慮に手を振りながらヘイリィが言った。「だが、あたしゃ信用してるね。この前オーリアンズ(ニューオーリアンズのこと。ルイジアナ州南東部にあり、ミシシッピー河畔の港町で、当時ここには大きな奴隷市場があった)へ連れていった連中のなかにいた男がそうだ、――こいつのお祈りを聞いてると、まるで祈祷会へでも出てるようだったね。それにやつは、まるっきり素直なおとなしい野郎でね。そのうえ、あっしにとっちゃ、やつはいい金もうけになりやしたぜ。というのはどうしても売らなきゃならねえはめになった男から安く手に入れたもんでね。で、あたしゃ、その野郎で六百両もうけやしたよ。いや、じっさい黒ん坊の信心もありがてえもんでさ、それが正真正銘の代物(しろもの)で、まちげえのねえってえときはね」

……冒頭より


購入手続きへ  (上) (下)


*** 作品一覧へ *** ホームページへ ***