2019年9月18日
  • 古今東西の名作古典なら

新刊案内201812

《名作》
賭博者」/ドストエフスキー
ドストエフスキー自身の実体験をもとに描かれた異色の作品。¥500

「トム・ジョウンズ()」/フィールディング
小説のおもしろさを満喫させてくれる作品。モームは『世界の十大小説』の一つに挙げている。各¥1200

「マハーバーラタ(第5巻第6巻)」/山際素男訳
戦闘の18日目、クル軍はパーンダヴァ軍との戦いについに勝利をおさめるが、アシュヴァッターマンの逆襲に遭う。各¥1000

「日陰者ジュード()」/トマス・ハーディ
20世紀文学を予見する作品として評価されているハーディの小説の到達点。各¥800

《日本の名作・古典》
「宮本武蔵(全8巻)」/吉川英治作
求道を通して二天一流の開祖となるまでの長い道のりを描く吉川英治の畢生の大作。各400 巻一はこちらから

「太平記()」/山崎正和訳
動乱の南北朝時代を描いた軍記物語。「文学書である以前に、歴史を強くうごかした戦慄的な書物」司馬遼太郎はこう語った。各1200

《SF》
宇宙をぼくの手の上に」/フレドリック・ブラウン
どんなSF嫌いの読者をもファンに変えてしまう不思議な魔力を放つ傑作集!¥600

天使と宇宙船」/フレドリック・ブラウン
ブラウンのSFとファンタジーの名品を選りすぐった傑作中短編全16編。¥500

オッド・ジョン」/オラフ・ステープルドン
ステープルドンのミュータント〈超人類〉テーマの傑作。¥700
ガス状生物ギズモ」/マレー・ラインスター
地球侵略テーマSFの新機軸を編み出した意欲作。¥500

《ミステリ》
「M・R・ジェイムズ怪談全集()」/M・R・ジェイムズ近代イギリス怪奇小説の巨匠ジェイムズの、全業績を網羅する全集各¥700

シカゴ・ブルース」/フレドリック・ブラウン
アメリカ推理作家協会賞を受賞したブラウンの長編処女作。¥500

ギャンビット」/レックス・スタウト
ウルフはギャンビット(捨て駒)という高等戦術に事件の鍵があると見た。¥500

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。